フラット35が終了する?

フラット35Sの募集はいつまで?

募集

フラット35Sについてもう一度確認しておくと、フラット35Sとは省エネルギー性・耐震性の基準を満たしそれらが優れていると認められる住宅を取得する場合に借り入れ金利が一定期間引き下げられる制度のことを言います。

 

2018年12月現在金利Aプランなら当初10年間、金利Bプランなら当初5年間0.25%の金利引き下げが受けられるというものです。

 

2017年10月の制度改正により、0.3%の金利引き下げから0.25%の引き下げへ条件が悪くなったものの、依然としてフラット35Sの金利引き下げが受けられれば大きなメリットとなることは間違いありません。

 

ただし一つ注意が必要なのがフラット35Sは受付を終了する場合があるということ。フラット35の公式サイトを確認すると

 

※【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。

受付終了日は、終了する約3週間前までに当サイトでお知らせします。

 

とかかれており予算が上限になった場合には受付が終了するとなっています。またこの場合にも期限がくる3週間前までに告知があるので突然フラット35Sが利用できなくなるといったことはありません。

 

また、実際にフラット35Sの予算が上限に達して受付が終了したことはこれまでに1度だけしかなく、それも金利引き下げ幅が今よりずっと大きかったものが終了するという特殊な場合だったことを考えると、フラット35Sがいつまで利用できるかはそれほど心配する必要は無いと思います。

 

受け付けの期限が心配な方は予算の期限が近い2月、3月にフラット35Sの申し込みをする場合は念のために公式サイトを確認しておきましょう。

 

フラット35Sの金利引き下げという優遇措置そのものがなくなる可能性についてですが、景気対策や消費税の増税の影響などを考えるとしばらくはフラット35Sの金利引き下げ制度は続くと考えられます。

 

 

フラット35の募集が終了するって本当なの?

 

フラット35が終了すると聞きました!

フラット35が間も無く終了すると聞いたのですが、本当でしょうか?妻とはマイホームを購入する際には、必ずフラット35を軸に考えた方が良いという結論を出していたので、かなり驚き、困惑しています。なぜフラット35が終了してしまうのでしょうか?理由も教えて欲しいです。

30代 会社員


 

 

フラット35Sなら募集期限があります!

現段階でフラット35が終了するという話は聞いた事がありません。

 

フラット35Sの場合ですと、毎回締め切りが設定されていますので、そのまま終了してしまう可能性は否定できません。

 

<フラット35の存続について>
フラット35という住宅ローン商品は、言ってしまえば住宅金融支援機構の柱となっている商品プランです。

 

「フラット35が無くなってしまうと住宅金融支援機構はあまり存在意味がないかな?」と思ってしまう程、住宅金融支援機構の大部分を占めているサービス内容になります。

 

勿論、住宅に関する相談窓口という重要な役割も担っていますが、やはりそういったサービスはあくまでもおまけの域を脱していません。

 

そしてフラット35は利用者からも絶大な人気を得ているという特徴があります。フラット35という名称でサービスがスタートしたのは、2004年12月から。スタートしたのが年末でありながら、その利点の大きさで瞬く間に人気商品となり、今日まで住宅ローンの基本的な選択肢として、多くの利用者を生み出し続けています。

 

またその時そのときのニーズに合わせて細かな部分から団信付に変更するなど大きな部分まで改良が続けられ一般の住宅ローンと遜色の無いものになっているのです。

 

フラット35はこうした背景を支えている投資家達からも、絶大な人気を獲得し続けていますので、需要と供給がいまだ根強くある中で、いきなり終了というのは、まったくもって予想する事ができません。

 

何よりもフラット35が終了する際には、急に終わらせるというのは難しくなっているかと思います。間違いなくまずは大きくニュースで扱われるのが妥当な程、今日の住宅ローン事情を支えている商品になってしまっているのです。

 

<恐らく終了するのはフラット35S>
フラット35Sは、開始と同時に、「予算が上限に達した場合終了します」という告知を行っています。フラット35Sとは、フラット35の金利を優遇させたプランになります。

 

一定の条件を満たす必要はありますが、最近は中古住宅の購入の場合でも条件を満たしやすいという理由から、フラット35の前に、フラット35Sが利用できないか、検討をしてみる。こうした流れが一般化してきています。

 

そのため、フラット35Sの締め切り時期というのは、よく話題になっています。恐らく質問者様の場合も、こうしたフラット35Sの締め切りを勘違いされたのではないかと思うのです。

 

もしくは金融機関の担当者に悪意があるか。

 

必ずどちらかだと思いますので、もしそうであった場合は、「住宅ローンで焦って決断はありえない」という事を肝に銘じて、冷静な対応と判断を心がけてください。

管理人


 

 

 

 

フラット35住宅ローンランキング【2018年12月更新】

楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料引き下げ
  • 繰り上げ返済手数料無料で10万円~
スペック 矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • ネット銀行だから実現できる低金利
  • 顧客満足度が高い優良サービス
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


ARUHIフラット35
  • フラット35最低水準金利・シェアNo.1
  • スピード審査&幅広い方の利用が可能
  • 全国168店舗で安心の対面サポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • フラット35S金利引き下げでさらにお得
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


新生銀行住宅ローン
  • 金利・諸費用を含めたトータルでお得
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 6つの手数料0円で安心
  • 団信生命保険料・保証料無料
スペック 矢印 申し込み